禁煙補助薬の平均価格とチャンピックスについて

禁煙をする時に禁煙補助薬を利用される人も多くいますが、禁煙補助薬には服用するタイプ、身体の一部に貼り付けるタイプ、ガム状の補助剤を噛んで利用するタイプなどに分ける事が出来ます。

身体に貼るタイプは1日1回、特定部位に貼り付けて利用し、ガム状の補助剤の場合は煙草を吸いたくなった時に、30分ほど時間をかけて噛み続ける事で、煙草への欲求を抑えてくれる効果を期待する事が出来ます。

また、服用するタイプは1日2回などに分けて服用をするもので、服用するタイプは飲み薬と言う事からも、副作用が起きる可能性が在るのが特徴です。

チャンピックスは服用するタイプの禁煙補助薬で、病院の中に在る禁煙外来で処方をして貰う事が出来る医薬品です。

尚、身体に貼るタイプやガム状の禁煙補助剤の場合は、ニコチンの成分が少量含まれているため、身体に貼り付けた場合は、皮膚を通じてニコチンが体内に取り込まれ、ガム状の場合は噛む事で唾液と伴に体内に取り込まれると言った特徴が在ります。

また、ニコチンが体内に取り込まれることでニコチン依存を抑える効果が在る事、禁煙時のイライラなどを軽減することが出来ると言った特徴を持ちますが、チャンピックスの場合はニコチン成分が含まれていないため、体内にニコチンが取り込まれないため、一見するとニコチン依存が生じてしまうと言った疑問を持たれる人も多いのではないでしょうか。

しかし、ニコチン成分が含まれていなくても、チャンピックスにはドーパミンを分泌させる作用や煙草を美味しく感じさせない作用が在る為、禁煙への成功率が高いと言われています。

尚、禁煙治療を初回だけで受けて中断をしてしまうと、多くの人が禁煙に失敗すると言われており、平均すると100人に対して約6.5人が禁煙を継続していると言います。
しかし、12週間続けた場合の平均は、2人に1人と言われており、チャンピックスによる成功率は高いと言われています。