ハッカ液ではなくチャンピックスで禁煙、頭痛に注意

健康のため禁煙しようという人が増えていますので、禁煙グッズもいろいろなものが売られています。いわゆる電子タバコもその中の一つですが、それにはリキッドというものが使われています。しかしこのリキッドが高価ですので、自分で他のもので代用する人も多いです。例えば普段からハッカ入りのタバコを吸ってきた人はハッカ液を用いたりします。吸った時にスーっとしますので、禁煙時に気を紛らわせることにはつながります。しかし、禁煙するには「もうニコチンを体内に入れる気がしない」「タバコを吸おうと思わない」とならなければならないのですが、ハッカ液入り電子タバコではそういう動機付けとはまったく結び付きませんから、いくら経ってもタバコをやめることにはつながりません。そもそも電子タバコには、ニコチンが含まれているものと含まれていないものとがありますが、ニコチンが含まれているものは禁煙にはなりませんし、含まれていないものも禁煙の動機付けとは無関係ですから、どちらにしても禁煙にはつながらないのです。その点、禁煙に効果が高いのがチャンピックスです。タバコを吸いますと中に含まれているニコチンが脳にまで達し、脳にあるニコチン受容体というものと結び付きます。そうすると快楽物質のドーパミンがたくさん放出されます。これによってタバコを吸うのが楽しみになるわけです。また、ニコチンは短い時間で受容体から離れてしまい、消滅してしまいますので、また次々とタバコを吸ってしまいます。チャンピックスも同じように脳の受容体と結び付くのですが、こちらはドーパミンの放出量が少ないので、消滅した時の症状が軽くて済みます。これが受容体にいますと体内にニコチンが入ってきても空いていませんので、タバコをおいしいと感じることもなくなるのです。チャンピックスを飲んで起こる頭痛は頭痛薬の併用でおさえられます。きっちり飲んでいくことで禁煙ができます。