チャンピックスの効能について

チャンピックスは禁煙の治療に用いることができる治療薬であり、日本では唯一保険適用で使用することができる禁煙治療薬となっています。ただし、それには条件があり、医師によってニコチン依存症であるという診断を受けることが保険適用で治療を受けるために必要なこととなっています。これはチャンピックスがニコチン依存症を改善しながら禁煙を実現させることができる効能を持っているからであり、ニコチン依存症に悩まされて禁煙が達成できない人のための治療法として飲み方も確立されてきているからです。ニコチン依存症は煙草に含まれる成分であるニコチンが脳にあるニコチン受容体に作用することによってドパミンと呼ばれる快感を与える物質を分泌させるということに依存を覚えてしまうものであり、ニコチン依存症になると煙草をやめるというのが困難になります。チャンピックスの作用機序として知られているのが、ニコチン受容体に対してニコチンと競合的に作用し、高い結合力を持ちながらも弱いドパミン放出作用しか持たないことでニコチンの作用を減弱させることができるというものです。そのため、煙草を吸ってもドパミンによる快感があまり得られないようにしてしまう事ができるという効能がチャンピックスにはあります。それに加えて、若干のニコチン様作用を示すことができることで、ニコチン依存症克服の問題となるニコチンをやめたことによって生じる禁断症状を予防することができるというのがチャンピックスの効能です。この二つの効能によって、禁煙をする際に大きな障害となる煙草の魅力とニコチン依存症の問題を同時に解決することができるのがチャンピックスによる治療となっています。